お菓子での態度として、者とメールによることも手掛かりの1つです。また、最近では、メールよりも、ラインで連絡するほうが増えてきているので、お菓子の態度もさまざまな告知の技術があります。けれども、ただTELを交換して、その日の礼を報じるだけでは何の意味もありません。ここでは、売り買いメールを贈る際に気を付ける手掛かりを見せるので、者がまた訪問してくださるように確認してください。

お客様におくるメールに、ただ「またお店に来てくださいね」という、必ず“売り買いメール”という感じさせる実質を送っていませんか?そんなメールを送られた者は、心のないメールにうんざりして、返事をするのもまた来店するのもイヤになってしまうでしょう。

こういうメールは、者といった仲良くなって、何回も訪問できるようになるまで避けましょう。「顔つきを覚えてもらったから」「対談が弾むようになったから」という段階でも、「また来てね」という内容ではなく、「またお話したいから」という言葉づかいにすることが大切です。

また、「今日は昼めしを食べて、先々、ショッピングに行きました」といった、ダイアリーものの結末メールは、送られた対象はどうして応答したら良いのかわかりません。また、通常をただつづった年甲斐長いメールは、対象は「そうですか」というくらいで、動作を取りづらいので、応答パーセンテージは下がるでしょう。

大切なのは、メールも対象が興味をもって貰える実質を選び、応答してもらえるように質問することです。

なお、者との告知は、ラインよりもメールの方が良いことがあります。者が既婚者の場合、ラインだと条件によっては携帯のディスプレイにその実質が表示されてしまう。そうして、夫婦間の揉め事を引き起こす原因となる可能性があるからです。また、邪魔できると、更に告知が取れなくなってしまうので、メールの方がナイスなのです。

お菓子などの夜の生業は、おしゃべりを楽しみながらお酒も堪能する地点だ。ただし、お酒が弱かったり、体質的に飲めない女性もいるでしょう。そのような場合、「お酒を飲めないから、お菓子で動くのは困難かな」というかもしれません。けれども、お酒を飲めなくても、きちんと態度できて、者からの人気も高いホステスも比較的多いのです。では、お酒を飲めないホステスも賢く態度こなせる手掛かりを紹介します。

お菓子の態度で大切なことは、お客様に夢の暇を提供することです。お菓子に来店する者は、日常、ご自分のお仕事で頑張っています。仕方なく詫びたり、親分や下などに悩まされたりして、負担を感じている男性が多いです。では、負担を発散させるために、お酒を飲みにいくも、何故良い料金がかかってもお菓子に行くのでしょうか。

その理由は、きれいな女性が自分の対談を真剣に聞いてくれたり、褒めてくれたりして、現実のイヤなことをちょっとも忘れさせてくれるからだ。者も売り買い上のトークだとわかっていても、おかしい夢の暇を過ごしたいのです。つまり、者が楽しくて歓喜のできる態度ができれば、ホステスがお酒を飲めるかどうかは問題ではないのです。

また、者って近しくなったら、そのお客様には自分がお酒が飲めないことを打ち明けるのも、1つのコツです。「本当は、他のお客様には言ってないんですけどね」「あなたには伝えておきますね」などと特殊直感を与えてから報じましょう。男性は、「自分だけに打ち明けてくれて嬉しいいな」「弱みを話してくれて甘いな」って、イヤな想定せずに受け入れてくれると思います。

このように、お客様に理解してもらい、お酒以上におもしろい暇を提供する結果、自分にとって楽な基盤を作り上げて行くことが、お酒を飲めないホステスの態度の手掛かりなのです。引用