軽食で絡み始めたけど、「接客がきちんとうまく行かない」「お客様といった仲良くできない」、そんな悩みを抱えている女性も多いでしょう。軽食で絡み始めると、ほとんどお店の素性などは教えてくれると思いますが、接客のポイントなどは細かく教えてくれないことが多いです。では、軽食の接客のポイントとして、“題”において取り上げます。

ホステスの出勤は、基本的に、お客様の発言を「訊く」ことです。軽食では、お客様がお話してホステスに聞いて味わうのを楽しむところです。それでも、聞いていいらっしゃるだけではいけません。ホステスもお客様が話す容積の3分の1くらいは話す必要があります。こういう3分の1に何を話すかが、そのホステスを売りこむ重要なカギとなります。

そのためには、勤務する前に、最近話す洒落をいくつか準備しておきましょう。「話すことが何も乏しい」については、発言をねつ造しても良いのです。あなたの発言が真実でなくても、お客様との伝達が盛り上がれば問題ありません。ただ、とにかく話し出した発言は最後まで成立するように、義務を以て作り上げましょう。

また、自身を覚えてもらおうと売りこむと言っても、自分のことばかり話していてはいけません。軽食の接客のポイントで、お客様に楽しんで貰うには、お客様が楽しく語れる所を仕掛けることです。お客様によっては、自分から発言を進めて得る方もいるので、そのような場合は、笑顔で相づちして聞かせてもらえば良いです。但し、随分自分からは話さないお客様もいるでしょう。

一切ストーリーされないお客様の場合は、ホステス位置づけから発言を少しだけして、「〇〇くんは、どうでしたか?」とその発言の流れでお客様にふりましょう。お客様が一度発言始めてくれたら、伝達が貫くように、その発言を再び深く掘り下げたり、発言が続きみたいになかったら、別の題に切り替えたりください。

そうして、発言の中で得たお客様の知識は、忘れないうちにメモしておくことが大切です。その知識が次の接客に活かせるはずです。また、別のお客様との接客にも役に立つこともあるのです。このように、お客様からの知識を合わせる結果、叡知も豊富になり伝達もつぎつぎ続けられるようになるのです。

軽食での接客で大切なことは、お客様が伝達を楽しんでもらうことです。そのために、ホステスは、お客様が興味のある題を取り上げて質問し、発言を訊くことを繰り返して、発言を続けていきます。ベテランのホステスなら、伝達をどしどし積み重ねるポイントが身についているので、如何なるお客様とでも伝達が燃えるでしょう。

但し、軽食で絡み始めたばかりのホステスにとっては、初対面のユーザーって伝達を楽しむは、全然難しいことだと思います。では、初対面のユーザーとでも伝達を続けられるポイントを紹介します。

はじめて会うお客様には、では、当たり障りのない「チャンスや空模様」や「めし」、「最近の通信」などの伝達から入りましょう。会ったばかりの段階では、「多雨は安泰でしたか?」「今どき、寒くなってきましたね。」というように、お客様がよく深く考えなくても「うん」「いや」で答えられる、シンプルなお尋ねから流れを取るのがコツです。

発言の流れができたら、次は、お客様が身に着けているもので視線に入っやものを取り上げて褒めます。たとえば、荷や目覚まし、ネクタイ、シャツなど、目に入ったものの上やコントラスト、パターンなどにおいてだ。「そのシャツ眩しい色調ですね」「その腕時計素敵なパターンですね。いつの銘柄ですか?」「そのネクタイ物珍しいパターンですね。あなたにそれほど似合っています。」という感じです。気を使ったりお世辞で言ったりすると、意識してしまうので、相手にイヤな感覚を与えてしまう。自分が見てとっても良いと思ったことを、声に出して称えることが大切です。

発言が弾んできたら、道楽の発言やオフの振る舞い、好きなお酒に関しましてなどから伝達を広げていきます。また、お客様の注意を取り調べながら、注意がなさそうだとどうにも気づいたら、その題はそれ以上続けたり広げたりしないようにください。このように、接客の中でさまざまな題を甘くふって知識をそろえ、お尋ねをしながら興味のある題を掘り下げていくのです。バストアップ サプリ ランキング